とろとろソーキと
『沖縄そば』を堪能

昼は沖縄そば屋、夜は焼き鳥などを楽しめる居酒屋へと早変わり。

大型ショッピングモールの中にあり、駐車場が多いので子ども連れのファミリーや観光客でも利用しやすいお店です。 トタンの屋根や裸電球などがレトロな雰囲気を醸し出す店内は、とても居心地の良い癒しの空間。 友人や家族としばし休息はいかがでしょうか。 昼は沖縄そば店、夜になると焼き鳥などを楽しめる居酒屋へと早変わり。 箸で切れるほど柔らかい、とろとろソーキの『あぶりとろソーキそば』が絶品です。 沖縄そばには珍しい激辛メニューもあり、手づくりの肉ラー油を溶かし込んだ『濃厚つけそば』が人気。


友人や家族としばし休息はいかがでしょうか。

1971年、沖縄県生まれ。昔から料理が好きで、何でもつくっていた。 中でも沖縄そばが好きで、あちこちの店を食べ歩く。沖縄そばが好きで好きで、沖縄そば店で働くに至り、他店の沖縄そば店で2年。 ブッフェレストランを経て、2008年に【あがり家】を前店長から引き継ぐ。 2011年、夜は焼き鳥などを提供する居酒屋として【あがり家+】にリニューアル。

  • 5時間かけて軟骨の部分がとろとろになるまで煮込み、箸で簡単に切れる柔らかな軟骨ソーキを、バーナーで炙って香りを出し、別皿で提供。わさびをつけていただきます。

  • トッピングに軟骨ソーキ、三枚肉、かまぼこ、つけ汁には魚介豚骨スープを使用。手づくりの肉ラー油を溶かし込んであり、濃厚な味わいです。辛さは大辛、中辛、小辛から選べます。

  • アグーと本かつおの出汁にわさびを溶かし込んであり、ツーンとした辛さではなく、わさびの風味をしっかりと感じられます。わさび好きならぜひ一度は食べたい一品。